トラジの
おいしい焼き方

ホルモン

内臓肉の王様「ホルモン」は牛の大腸のこと。シマチョウやテッチャンの名でも親しまれます。トラジは脂付きだけを使用し、丁寧な下処理と鮮度管理を徹底して提供。

ポイント

網にのせる前に、お肉の面を確認するのがポイント。しま模様の面を先に焼き、脂の面は後から焼きます。

火加減

やや強火

位置

中央より少し脇

  • 1. ホルモンのおいしさを最大限に活かすために、しま模様の面から焼いていきます。
  • 2. 焼き時間は大きめのお肉なら3分、小さめのお肉なら2分が目安です。
  • 3. こんがりと焦げ目がついたことを確認したら、裏返します。
  • 4. 次に脂のある面にひっくり返して、30秒ほどサッと火を通していきます。
  • 5. 脂面は、焼くと脂がしたたり落ち、火の勢いが強まるので焼き過ぎにご注意ください。
  • 6. きつね色になり、焦げ目がついたら、おいしい焼き上がり。
  • 7. タレをつけて、口いっぱいに広がるジューシーな味わいをご堪能ください。